BOOKMARKetc

ブックマーケット。本の栞などなどです。

小説、紙で見るか?電子書籍で見るか?

初代iPadを手にしてから、5年2ヶ月。もうそんなに経ったのか!このブログにも色々と記事を上げたりしてました。色々経て、現在ぼくの手元でフルに活躍しているのは、「iPad miniレチナだけどTtouch IDはついない」です。

 

bookmarketc.hatenablog.com

 

大活躍している要因のひとつは、電子書籍iPadはインプットにものすごく不向きなデバイスだと思ってるんですが、ビューワとしてはハイスペック。7インチのiPad miniはコミック見開きをちょっと小さくしたくらいのサイズなので、マンガとかめちゃくちゃ読みやすい。

 

電子書籍は場所も取らないし、ほぼ無限に本を持ち歩けるのでめちゃくちゃ気に入ってます。気になる本があればすぐ買えるし。(おかげでAmazonさんに凄まじくお金を吸われていますが)

 

そんな便利な電子書籍ですが、ずううううううっと悩んでいることがひとつ。

 

それは、小説(テキスト)問題。

 

iPadは、マンガは読みやすいのに小説は読みづらいのですとても困ったちゃん。解像度の問題かと思ってレチナ版を購入してから試したものの、相変わらず読みづらい。なんなんだ!気づいたらiPadをほっぽって紙の本を手にしているのです。

 

やっぱりテキストデータが読みづらい。マンガは画像だし。ネット記事とかだと読めるのに、縦書テキストデータとなると急に読みづらい。

 

このままだとAmazonのセールでかった大量の電子書籍が無駄になってしまう!いっそKindle Paperwhiteでも買おうかしら。

 

Kindle Paperwhite (ニューモデル) Wi-Fi 、キャンペーン情報つき

Kindle Paperwhite (ニューモデル) Wi-Fi 、キャンペーン情報つき

 

 

ああ、でもこれで読まなかったらそれこそ無駄。どうしよう。無駄無駄無駄無駄。

 

とかなんとかもやもや考えながら、きょうもナツイチで集英社文庫本を買い、新潮文庫はやっぱり名作ぞろいだなぁと思って「夏の庭」をこれで何回目だと思いながらも読み返す今日このごろ。やっぱり紙やで。

 

夏の庭―The Friends (新潮文庫)

夏の庭―The Friends (新潮文庫)