BOOKMARKetc

ブックマーケット。本の栞などなどです。

ビューン事件で思ったこと。


昨日サービスを開始した、「ビューン」。前日からソフトバンクがアナウンスし、iPhoneユーザやiPadユーザの間でかなり話題になり、雑誌を読むことができるアプリの本命来たー。とか思っていた矢先。まさかの、開始初日でサービス停止。理由は予想以上のトラフィックにサーバが耐えられず、アクセス遅延が多発した為。


6月1日 0時にサービスを開始した「ビューン」であったが、素敵なアプリを探していたiPadユーザと現在ではものすごい数が存在しているiPhoneユーザに、深夜にも関わらず大量にトラフィックを送られる。予想以上のトラフィックに、スタート直後にアクセス遅延を起こし始める。その後も復活することはなかったのだろう(日中帯私は触っていないので)。あえなくサービス停止となってしまった。


しかし、これに私は素直に文句を言えない。たしかに、予測できなかったソフバンは悪い。ただ、だからといって、すぐサーバ増強しろといってもこれがなかなか難しい話しです。相手は会社。IT企業(普通の会社でもそうなのかもしれないけど)に努めている方ならわかると思いますが、個人のPCの様に「はよ、アキバでHDDかってこんか〜い」というわけにはいきません。「メモリをジャンクショップでひろってこいや〜」というわけにもいきません。会社にもよるとは思いますが、大きい会社であるほど、様々なことにめんどくさい手続きが存在します。


ちょっとしたメモリを買うのにも、色々な部署の人の印鑑が必要です。さらに、どこから買っていいというわけでもなく、所定のところで購入し、そしてリードタイム(発注してから納品されるまでの時間)がある程度かかります。ブツが手に入って、やっとのことで構築、保守、サービスインとなるわけです(かなりはしょりましたが)。


私もこういう職場で働き出してから思いますが、危機対応するのってホント大変なんだなぁって思います。サービスインするまでにもたくさん苦労があります。そしてなにより、時間がかかるんです。会社の性質上しょうがないのですが、様々な手続き、そして作業。


それでも、予測できればこんなことにはならなかたんだろうけど。リードタイムとか色々考えると、このサービス着手しだしたのいつなんだろうなぁ。その時は、iPadユーザもiPhoneユーザもこんなに多い予定じゃなかったのかな。


まま、今回のビューンもいつサービス復活時期は未定となっておりますが、暖かい目で見てあげたい。そして、サービスが復活したら、存分に使おう。がんばって!!ビューンチーム!!


それじゃ、また明日〜。