BOOKMARKetc

ブックマーケット。本の栞などなどです。

口蹄疫問題、死で周りを生かす


明けて今日は21日ですが。昨日、5月20日で、宮崎県で口蹄疫問題が浮上してから一ヶ月になるそうです。


私がこの問題を知ったのはつい最近。テレビも新聞もネットのニュースもあまり見なかったので、こういう事件等に非常に疎く生活してました。知らない間に事件は拡大して、5月19日に政府が発表したところによると、牛、豚などの殺処分が決定したそうです。

宮崎県の家畜伝染病「口蹄疫(こうていえき)」問題で、政府の口蹄疫対策本部は19日、発生地から半径10キロ圏内で、感染していないすべての牛や豚計20万5000頭を殺処分することなどを柱とした総合対策を決定した。

 対策費は少なくとも300億円以上にのぼり、政府は予備費などを充てる方針だ。同日記者会見した赤松農相は、殺処分を前提としたワクチン接種について「1週間以内に全頭処分を終えたい」とした。


政府総合対策、10〜20キロ圏は全頭出荷 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)


なんだかこんな話を聞くと、そんなに殺すなんて可哀想だとかついつい思っちゃう。でも、感染病なんだから、感染しないように経路を断たないと更なる被害が被害を生んでもっと大変なことになっちゃう。そして、もっと可哀想なことになっちゃう。


こういう問題って解決法を探るの大変だよね。決断をする人はどんな風に決断するか最後まで迷うだろうし、牛や豚を飼育している側は、できるだけ自分たちに被害が及ばないように決断して欲しいだろうし。飼育している何万頭を一気に処分しろって言われるの、酷だろうなぁ。それに引き換え、一消費者である我々としてはどうだろう。


正直なところ、むつかしい。感染がもっと広まって死に絶えたら困るし、でも、自主的に殺すのってどうなの?とか思っちゃったりね。やっぱ、早く感染の疑いがあるものは全部殺せよ!!とは言えないよ。


子供の頃とかに、お前が死ねば世界が救えるんだ!!って言われたらどーする??見たいな究極論とかしたけど。正直俺死にたくない。それでも、英雄のように扱われたのなら、勇者として語られるのなら、大事な人を生かせるのなら、どうだろ、なんだろ、う〜ん。それでも死ってね。


うわっ、なんか最後重っ!!までも、ちょっと最近ニュースから離れていたので、毎夜ちょっとだけでもニィース見ないと。知らなきゃいけないこと知らずに過ごすのって、ダメだ。もっともっと。色々と。考えてかないと。


それでは、また明日〜。